top of page

製造業のホームページの製品情報はどんなデータベースを構築すべきか?

更新日:4月3日




製造業界のデジタル変革により、製品情報の提供方法は大きく変わっています。


いまや、オンラインで製品を検索し比較することは一般的な行為となり、製造業者は自社ウェブサイトでの製品情報の見せ方や、顧客の購入プロセスをどうサポートするかという課題を抱えています。

 

顧客が迅速にアクセスし、必要な情報を取得できる製品情報データベースの整備は不可欠です。



本記事では、製造業のウェブサイトにおける、最適な製品情報データベースを構築する方法を詳しく説明します。


さらに、SaaSの活用が時間とコストの削減、最新セキュリティの維持にどのように役立つかについても紹介します。

 


 

目次

 



製造業の製品情報ページに必要な要素


製造業のウェブサイトに掲載する製品情報ページは、現代のビジネス環境で欠かせない役割を担います。


ウェブサイト上では、顧客が求める製品情報を正確に提供することが求められますが、「消費財メーカー」と「生産財メーカー」では必要とされる情報の種類が異なります。


それぞれに必要な要素は、以下の通りです。

 


消費財メーカー


消費財メーカーでは、オンラインでの注文から商品の発送に至るまでのプロセスをスムーズに行うことが求められます。


消費者はウェブサイトの使いやすさと機能性を重視しているため、これらの期待を満たすことが重要です。


製品情報ページには、明瞭な製品説明、詳細な仕様、使用方法や機能の説明、顧客レビュー、おすすめの関連製品などが含まれる必要があります。

 

このような情報が整理されたページを提供することで、消費者は必要な情報に一箇所で簡単にアクセスできます。


また、直感的なウェブデザインとシンプルなナビゲーションを採用することで、消費者は求める製品を迅速に見つけ出し、購入プロセスをスムーズに進めることが可能です。

 


生産財メーカー


生産財メーカーは、顧客の具体的な要望に応じた製品のカスタマイズ、すなわちマスカスタマイゼーションに注力しています。


この業界の企業は、消費財メーカーと比較して、デジタル化の取り組みが遅れがちです。


生産財メーカーは主にBtoB取引を行っており、顧客特有のニーズに合わせた製品のカスタマイズが必要とされます。


顧客の要望に応えるためには、製品仕様確定の際に複雑な仕様の組合せや技術計算にも対応できる高機能なシステムが必要です。

 

【関連記事】





製造業の製品情報ページに必要な機能


製造業のウェブサイトでは、顧客が製品情報を容易に理解し、最適な選択を行うための支援が欠かせません。


製品情報ページには、以下の機能が必要とされます。

 


製品比較機能


製品比較機能は、顧客が自分のニーズに適した最適な製品を見つけるのに重要です。


この機能を活用することで、顧客はフィルタリングや比較表を使って、類似する製品のスペックや特徴を容易に比較できます。


製品の仕様、機能、利点など、自分が必要とする情報に基づいて、適切な製品を選択することが可能です。

 


技術計算と仕様に基づく検索機能


日本の製造業が得意とするすり合わせ型製品においては、複雑な仕様の組合せや技術計算に基づき製品仕様を確定します。


このような複雑なルールに対応し、製品を識別できる機能が重要です。


この機能を使用することで、顧客は性能、寸法、耐久性といった必要な仕様を入力するだけで、製品を選択することが可能です。

 


型式検索と型式コードの自動生成機能


製品を型式やコードで検索したり、仕様のバリエーションを選択することで型式コードを自動生成する機能は、顧客と製造者の双方にとって、時間と労力を大幅に節約します。


この機能を備えたウェブサイトでは、顧客は製品の仕様や用途に基づいて正確な型式を迅速に特定できるため、製品カタログやデータシートを一つひとつ調べる必要がなくなります

 


クロスリファレンス検索機能の活用


クロスリファレンス検索は、文書やデータベース内の情報を相互に照合しやすくする技術です。


製品情報データベースにこの技術を適用することで、特定の製品や部品と他社製品との関連性をすぐに把握できます。


特に、製品の代替品や互換品を迅速に見つける際に非常に役立ちます。


たとえば、品切れや製造中止で手に入りにくくなった半導体がある場合、クロスリファレンス検索を利用して、同等の機能を持つ別の製品を素早く特定できます。

 


見積書発行機能


オンラインで見積書を発行する機能は、顧客サービスを向上する上で欠かせない機能です。


製品やサービスに対する迅速かつ正確な見積を提供できるオンラインプラットフォームは、顧客満足度を向上させる効果があります。


顧客はこの機能を利用し、選択した製品の数量や仕様を入力するだけで、直ちに見積書を生成することが可能です。

 


検索条件と検討履歴の保存機能


オンラインショッピングや製品検索において、顧客が以前の検索条件を保存して、後で簡単に再検索できる機能は非常に便利です。


顧客は自分の好みやよく検索する条件を保存し、気に入った商品をお気に入りに追加できます。


これらの情報はユーザーIDに紐づけられ、安全に保管されます。


検索の傾向と検討履歴を保存することで、顧客ごとに合わせた体験を提供し、リピート訪問を促します。

 




データベースの構築方法


データベースや業務システムの開発時には、予算、期間、特定の要件など、様々な制約を考慮する必要があります。


業界では、主にパッケージ開発とスクラッチ開発の二つの方法が用いられています。以下に、それぞれの方法の特徴を紹介します。

 


スクラッチ開発


スクラッチ開発は、ゼロから完全にオリジナルのシステムを開発する方法です。


この方法の大きな利点は、仕様や機能の柔軟性が非常に高いことです。

特に自社での開発では、予算や時間の範囲内であれば、機能を自由にカスタマイズや追加が可能です。

 


スクラッチ開発には、「フルスクラッチ」「ハーフスクラッチ」「セミスクラッチ」といった、開発の範囲に応じた種類が存在します。



フルスクラッチ開発は、基本的に「ゼロからの開発」を意味し、既存のものを一切使用せずにすべてを新規に作ります。


ハーフスクラッチ開発は、既存のパッケージ機能を部分的に利用しながら、新しい機能を組み込んでいきます。


セミスクラッチ開発は、既にあるレガシーシステムを基にして、追加の開発を行う手法です。

 


パッケージ開発


パッケージは、特定の業務領域に必要な機能を包括的に提供する製品を指します。


かつては海外ベンダーが市場の大部分を占めていましたが、最近では国内製品も増加し、品質と提供範囲の面で大きな進歩が見られます。

 

パッケージ開発の主な特徴は、パッケージの標準機能を最大限利用して開発時間を最小限に抑えられる点にあります。



パッケージ製品は、各業務領域のプロセスやベストプラクティスを組み込んでおり、様々な業務シナリオに対応するためのカスタマイズが可能です。


業務プロセスをパッケージの仕様に合わせることにより、開発時間を大幅に短縮できます。

 




製造業におけるSaaSパッケージを活用したデータベース構築の利点


製造業でSaaSパッケージを利用してデータベースを構築することは、様々な利点をもたらします。以下に、主なメリットを紹介します。

 


クイックスタート


SaaSパッケージの使用により、従来の開発方法に比べて、導入から運用開始までの時間を大幅に短縮できます。


新たな開発作業が不要なため、迅速にシステムを稼動させ、ビジネスプロセスを効率化することが可能です。

 


初期投資コストとリスクの削減


SaaSパッケージの採用により、開発に必要な初期投資コストを削減できます。


従来のシステム開発に比べ、特定の開発作業に要する費用が発生しないため、経済的なメリットが得られます。


また、プロジェクトの遅れ、予算超過、技術的な障害といった、開発プロジェクトに固有のリスクも減少します。

 


 高セキュリティの維持


SaaSサービスの利用は、セキュリティ維持に大きな利点をもたらします。


セキュリティ更新やパッチの適用がサービス提供者により自動的に行われるため、企業は常に最新のセキュリティ対策を利用できます。


自社でセキュリティ専門のスタッフが不足していても、企業は高いセキュリティレベルを維持することが可能です。

 


 属人化の解消


スクラッチ開発では、IT・データベースに関する専門知識を持つ人材が、社内外を問わず必要とされます。


さらに、適切なドキュメントやマニュアルが不足している場合、情報の引き継ぎが困難になります。


SaaSパッケージの導入により、この属人化の問題を改善可能です。


社内の担当者が突然退職したり、急な休暇を取ったり、人員が変更されたりしても、他のスタッフが容易に業務を引き継ぐことができます。

 




まとめ


本記事では、製造業のウェブサイトにおける製品情報の最適なデータベース構築方法を掘り下げました。


製造業でのSaaSパッケージを利用したデータベース構築は、迅速な導入、初期投資やリスクの削減、高いセキュリティ水準の維持、属人化問題の解消といった多くのメリットを提供します。


SaaSの活用により、開発に必要な時間とコストを大幅に削減し、専門知識がなくても最新のセキュリティを維持できます。

 

 



Comentários


bottom of page