top of page

BtoB製造業のCMSはどう選ぶ?CMSの種類や選定方法、比較ポイントを紹介

更新日:4月9日



製造業向けCMS(コンテンツ管理システム)の選定は、デジタル変革を推進し業界内での競争力を強化する上で不可欠です。


専門知識がなくてもWebサイトの更新や構築が容易なCMSは、製品情報の正確な伝達、顧客との有効なコミュニケーション、ブランドイメージの向上に欠かせません。


本記事では、BtoB製造業特有のニーズに合致するCMSの選び方や重要な比較ポイントを説明し、CMSを活用したマーケティング戦略について解説します。

 


【関連記事】


 

目次

 


CMSとは?


CMS(コンテンツ管理システム)は、HTMLやCSSの専門知識がなくても、簡単な操作でWebサイトの更新が可能なツールです。


CMSを利用することで、Webサイトの内容を迅速に更新し、外部委託のコストを削減できます。

 

また、マーケティング担当者が直接コンテンツを作成・更新できるため、SEOをはじめとするWebマーケティングの取り組みを強化できます。


CMSはコスト削減のみならず、Webマーケティングの柔軟性と迅速性を向上できるため、多くの企業にとって不可欠なツールとなっています。

 



オープンソースと独自CMS(オンプレミス、クラウド)


CMSには大きく分けて、「オープンソース」と「独自開発」の二つのタイプがあります。



例えば、WordPressのようなオープンソースCMSは無料で利用可能です。

開発者コミュニティが提供する豊富なプラグインやテーマを使用して、多様なニーズに柔軟に対応することができます。

 


一方、独自開発CMSは、特定の企業が商業目的に合わせて開発したシステムです。

これらのシステムを利用するには、ランニングコストが発生することが一般的です。


独自開発CMSの大きな特徴は、日本市場に特化したニーズに応えるための機能が搭載されており、日本語サポートやカスタマーサポートが充実している点が挙げられます。

 

また、独自開発CMSは、ホスティング形態によって「クラウド型」と「オンプレミス型」の2つに分けられます。


クラウド型CMSは、サービス提供者がCMSの運用を担当し、インターネットがあればどこからでもアクセス可能な利便性を提供します。


一方でオンプレミス型CMSは、企業が自社内にCMSサーバーを設置して管理します。

オンプレミス型はカスタマイズの自由度が高く、厳格なセキュリティ要件に対応可能です。

 



代表的なCMSの一覧


市場には様々なCMSが存在しますが、注目すべき主要なCMSには次のようなものがあります。

 


WordPress

世界で最も広く利用されているオープンソースCMS。


ユーザーフレンドリーなインターフェイスと豊富なプラグイン、テーマにより、ブログから企業サイト、eコマースサイトまで、幅広い用途に対応可能です。

 


 Drupal

高度なカスタマイズ性とセキュリティ機能を備えたオープンソースCMS。

大規模な企業サイトや複雑な構造のWebアプリケーションに適しています。

 


 Joomla

利用しやすさと拡張性のバランスが取れたオープンソースCMS。

中規模から大規模なサイト構築に向いており、多言語サイトの構築に強みを持ちます。

 


 Shopify

eコマースに特化したクラウド型CMS。


初心者でも簡単にオンラインストアを構築でき、幅広い決済オプションやマーケティングツールが組み込まれています。

 


 Wix

クラウド型CMSで、ドラッグ&ドロップのインターフェイスを通じて、誰でも簡単に美しいWebサイトを作成できます。


小規模ビジネスや個人事業主に人気です。

 



WordPressの特徴と利用上の留意点


WordPressは、CMS市場で最も人気があるプラットフォームで、世界のCMS市場において64.2%のトップシェアを占めています。


また、全Webサイトの43.0%がWordPressを利用しており、日本においてはCMS市場の84.4%を占めるなど、その支持率は極めて高いです。


プログラミングやWebデザインの専門知識がなくてもWebサイトの構築や編集ができるため、個人のブログから企業のコーポレートサイトまで幅広く活用されています。

 


一方でWordPressの利用には、その便利さや拡張性に反面、いくつかデメリットもあります。


主なデメリットとして、以下が挙げられます。

 

  • プラグインやテーマの使用によってページの読み込み速度が遅くなる

  • オープンソースのため個別サポートがない

  • 定期的なアップデートが必須

  • セキュリティ対策を自ら施す必要がある

 


また、製造業向けのような複雑で膨大な製品情報ページを作成する際の難しさが挙げられます。


WordPressは利便性、拡張性、コストパフォーマンスの高さから多くのユーザーに支持されていますが、サイトの目的や必要な機能に応じて、他のCMSやカスタム開発を検討する必要もあります。

 

 


 

製造業におけるCMSの必要性


製造業界では、デジタル技術の進化によってユーザーの購買プロセスが大きく変化しています。


製造業でCMSが必要とされる背景には、以下のような理由があります。

 


購買プロセスモデルの進化(AISCEAS)


購買プロセスモデルは、1920年代に提唱されたAIDAモデル(認知:Attention、興味:Interest、欲求:Desire、購買:Action)から始まり、1990年代にはAISASモデル(認知:Attention、興味:Interest、検索:Search、購買:Action、共有:Share)へと進化しました。


その後、2005年代にはインターネットの普及を受けて、より詳細な消費者の購買行動を捉えるためにAISCEASモデルが提唱されました。


このモデルは、「比較:Comparison」と「検討:Examination」の段階を新たに加え、オンラインで製品やサービスを比較・検討する、現代の消費者の購買行動をより正確に表しています。

 


製造業でのCMS活用は、この購買プロセスの変化に適応し、製品比較・検討を容易にすることで顧客の購入を促進します。


迅速かつ正確な情報提供は、デジタル時代の消費者ニーズに対応し、競争力を保持するために必須です。

 


オンラインで進展する購買決定プロセス


デジタル化が進む現代社会において、消費者の購入決定プロセスの約67%が営業担当者と直接会う前にオンラインで進行しています。


製品比較や情報収集がオンライン上で行われ、消費者は自ら必要な情報を探し、製品選択を絞り込んでいるのです。

 

この状況は、製造業における自社のWebサイト上で提供する情報の重要性を示しています。


CMSを活用することで、Webサイトの情報更新を簡単かつ迅速に行えるため、顧客にとって価値ある情報を効率的に提供できます。

 



 

製造業のWebマーケティングにおける

重要なコンテンツと作成方法


製造業のWebマーケティングでは、顧客のニーズを満たすコンテンツの提供が重要です。


以下に、必要となるコンテンツとその作成に役立つ手法を紹介します。

 


比較検討に適したコンテンツの提供


顧客が製品を比較・検討する際、「製品の特性」、「オプション」、「可能な組み合わせ」に関する情報が重要です。


このような情報を含んだコンテンツを提供することで、顧客は自身のニーズに合った製品を選択できるようになります。


製品ラインナップを明確に提示し、顧客の選択を支援することにより、顧客満足度の向上を実現できます。

 


コンテンツマトリクスの活用


コンテンツマトリクスを活用することで、さまざまなタイプのコンテンツを計画的に整理し、制作を効率化できます。


例えば、製品の初期導入段階では基本的な情報提供が中心になりますが、購入検討段階ではより詳細な比較データや使用事例を提供することが求められます。


また、顧客が製品を継続して使用する段階では、メンテナンスやアップグレード情報が重要です。



コンテンツマトリクスを用いることで、企業は顧客の購入プロセスの各段階に合わせた情報をタイムリーに作成し、提供できます。

 



BtoB製造業のCMSの選び方と比較ポイント


BtoB製造業におけるCMSを選定する際は、以下のポイントを確認し、適切な製品を選びましょう。

 


機能面での検討点


 製品情報の詳細な掲載可能性

PDFの掲載だけではなく、製品ページをカスタマイズできるかどうかを確認します。

製品情報の更新に柔軟性があり、制限なく情報を追加・編集できるかどうかが重要です。

 


 会員機能とレベルに応じたコンテンツ開示

特定の顧客層に向けた、情報の安全な管理が可能かどうかを確認しましょう。

会員登録機能の有無と、会員レベルに応じたコンテンツの開示コントロール機能が、情報提供の質向上には欠かせません。

 


 多言語対応の容易さ

海外顧客への効果的なアプローチには、多言語対応のCMS選定が欠かせません。

単に翻訳されたPDFを掲載するだけでなく、各言語での詳細な製品情報を簡単に提供できるCMSを選択しましょう。



セキュリティ対応


 セキュリティ更新の自動適用の可否

セキュリティ更新が、自動で行われるか確認が必要です。

オープンソースCMSは、自社で更新が求められる場合が多いです。


一方で、クラウドベースCMSは更新が自動化され、セキュリティ管理の手間を減らせます。

 


サポート体制


 有人サポートの提供有無

問題発生時に、適切なサポートが請けられるかの確認が重要です。


「サポート体制が充実しているか」「直接的な人的サポートが請けられるか」「サポート対応の言語や時間帯に制約がないか」を事前に確認しましょう。

 




まとめ


製造業での適切なCMS選定は、デジタル化への適応と市場競争力の強化に欠かせません。


CMSは「製品情報の掲載」、「多言語対応」、「自動セキュリティ更新」などの重要機能を提供し、顧客との関係を強化します。


BtoB製造業においてCMSを選定する際には、「機能性」、「セキュリティ」、「サポート体制」、「コスト効率」を総合的に評価し、自社のビジネスモデルとマーケティング戦略に最も適したシステムを選ぶことが大切です。


 

YDCの「B2B製造業特化型Webマーケティングソリューション」は、製造業向けに特化し、特に難易度が高いとされる製品情報提供サイトの立上げに対して、包括的なサービスを提供します。


製品情報の詳細掲載や多言語対応、セキュリティ更新の自動化など、製造業がデジタル時代に遭遇する課題に対応するために設計されています。


このソリューションを活用することで、製造業は効率的なWebマーケティング戦略を実行し、市場での競争力を向上させることが可能です。ソリューションに興味のある方は、ぜひYDCまでお問い合わせください。



 


B2B製造業特化型

​Webマーケティングソリューション

Fleacia Product Selectorは、B2B製造業特化型Webマーケティングソリューションです。

複雑な製品体系の製品検討ガイドをWeb上で公開、お客さまの製品情報調査・検討段階から意思決定を支援します。





 


Comentarios


bottom of page